2019-08

ラ・フランスの出荷最盛期

山形県のラ・フランス収穫は終盤を迎えました。
農家の方が毎朝大量のラ・フランスをJAに出荷しております。

ラ・フランスは予冷後、香りが出るまで追熟させるとジューシーになります。
その予冷は、JAの大変大きな冷蔵室行われています。
冷蔵室で予冷している様子を見せて頂きました。
ラ・フランスが入ったコンテナが高く積み重ねられています。
迫力ありますっ

予冷・追熟され、ジューシーな香りとやわらかな果実が楽しみですね     

清らかな水と空気、愛情いっぱいの梨部会の皆さん

フラナス ブランシュは、ラ・フランス剪定枝から抽出したセイヨウナシ枝エキス(保湿成分)を配合しております。

ラ・フランス剪定枝は、
山形県の清らかな水と空気、豊かな畑で、愛情いっぱいにラ・フランス育てる過程で発生します。
そして、その剪定枝はラ・フランスを生産していらっしゃる大江町梨部会の皆さんから提供して頂いております。
枝エキスを抽出した残渣は、堆肥にして、また美味しいラ・フランスが出来るよう願って、
ラ・フランス畑に還元しております。

寒暖の差がある山際の大江町のラ・フランスは甘味が増すらしいですよ 森林でつくられる清らかな水、空気が美味しいラ・フランスやさくらんぼ、
フラナス ブランシュ、コンフィチュールの源になっています。

弊社は、商品売上げの一部を森づくりの資金として還元しております。

ラ・フランスが収穫時期を迎えました!!

ラ・フランスの日本一の産地 山形県で収穫の時期を迎えました!!
澄んだ水と空気、照りつける太陽のもと、大きく実っていました。
大きく実ったラ・フランスを見ていると、追熟してジューシーになった状態を想像せずにはいられません。
あ~、早く食べたいな~    



畑には、ラ・フランス以外の西洋梨も実っています。
ラ・フランスが酸味より甘味が強いのに対して、甘味と酸味が同等で大玉シルバーベル 


希少新種の高級大玉バラード


金色に輝くような色をし、ラ・フランスをさらに濃厚にした味わいのゴールドラ・フランス
山形県民もなかなかお目にかかれません。 


この他にも山形県では西洋梨を生産しているようです。

色んな洋梨の食べ比べが楽しみ~♪

ラ・フランスの実が大きくなってきました

夏も終わりに近づき、ラ・フランスの果実が大きくになってきました。
秋に収穫され、収穫後に追熟させて食するフルーツです。
追熟したジューシーなラ・フランスを味わえるのが楽しみです      


<ちょこっとマメ知識>
ラ・フランスは、フランス原産の洋なしです。
フランスでは「我が国を代表するふさわしい果物である」と称えられたことから、
「ラ・フランス」と名づけられたと言われています。

現在では、山形県が国内8割を生産したしており、
“果物の女王”と称されています。
日本では、洋なしの中で最も多く生産されている品種です。

ラ・フランス枝残渣を自然へ循環

ラ・フランス枝から美容成分を含むエキスを抽出し、
不要になった残渣を堆肥に変え、ラ・フランス畑に戻します。
このようにして、ラ・フランスを栽培へと循環されます。

“果物の女王”と言われる美味しいラ・フランスが出来上がるのです。 

フラナス ブランシュは、優しさから生まれて、優しさを生みだしています。

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

お知らせ (112)
キャンペーン (33)
ラ・フランス便り (15)
イベント・サンプル配布会 (86)
未分類 (62)

検索フォーム

RSSリンクの表示